野良猫との仁義なきアクション

我が家の庭の芝生の上に糞をするのが営みの野良猫。

糞の対処をするのは自分。

ぷーんと気掛かり臭いがすると吐き気がする。

そこで完売試した猫よけグッズ。

では猫回れ右とおっしゃるメンソールが入ったスプレー。

キャラも目がチカチカするほどスースーする。

これでちょっぴりは来なかったものの、降水が降ったりして10太陽も経つとまた糞がされていました。

続いて、猫回れ右の錠剤ランク。

肥料のように粒になっているので影響が長持ちするとのタイミング。

こちらは2.3ウィーク確かにアンビリーバブルはなかったものの、また初心されました。

いくぶんメンソールで対策していましたが代わる代わる違う猫が訪れるのです。

どうにか、4.5千円も関わるセンサーを買いました。
猫が近づくと高周波のキーッという音が鳴るのです。
大人には聴こえませんが、近所のちびっこには聴こえるみたいでバイタリティ差し障りをかけたかもしれません。

ウィークでそのセンサーの前に糞をされました。

もう見捨て足取り。
けれども未だに諦めません。
今度は100円店で購入したらトゲトゲの資料。
まばらに敷きましたら、しばらく来ませんでした。

肉球が傷つくのを恐れるのだそうです。
ところが賢くよけたのか、資料といった資料の合間にされました。

けど確実にサイクルが静まり、最近はゼロか月ほど空くようになりました。
誰か周囲の方が苦情を言ったのか?猫に機構をあげてる第三者がやめたのか?

でもなくなりは終わる猫の糞害。
今でも細々と反発は続いて来る。顔脱毛

カテゴリー: 未分類 パーマリンク