我が家の要人絵描き

我々は挿し絵を描く事が好きで、学生時代も道筋中に台にますます色恋の似顔絵を書いてました。分厚い教科書にはパラパラコミックなんかも描きました。そういった私も今では2児の奥様になりました。そうすると、挿し絵を描く時間もありません。けれども、無いなら見極めるんです。
あまり、手作りオモチャを作ろう!です。厚紙や略せるダンボールの裏に子の好きな主流の挿し絵を描いて下回るだけ。子の想像って素敵です。そういう明瞭なおもちゃで喜んで遊んで下さるんです。
そうして次にお要所を作りました。今では手に入らない昔の仮面ライダーのお要所です。
平成ライダー1号の外面ライダークウガ。これに家族ではまり、古物商を見廻りましたが、ソフビ形状は安価で格好よいのが手に入り満足なのですが、お要所やチェンジベルトはないんですよね。
なので、無いなら作っちゃえです。出来栄えはダンボールといった輪ゴムなのですが、挿し絵の質が著しいので、子どもは大ラッキー♪奥様も大満足です。私の作ったお要所といったベルトを着けて「へんしん!」と言っている子どもを見るとほぼ感動を感じます。xn--cckexcu1mi9d.jp

カテゴリー: 未分類 パーマリンク