これは必見!実写だけじゃない、マンガ「トランスフォーマー」の勧告関わり

人々、こんにちは!

トランスフォーマーってご存知ですか?
実写撮影で一躍著名になり、来年夏に脈絡6作品まぶたが売買予定の「トランスフォーマー」。
スピンオフも売買が予定されており、至って盛り上がって要る代物です。

さて、こうしたトランスフォーマーですが、
本当は戯画も生じるってご存知でしたか?
トランスフォーマーは戯画のほうが実績が古く、何とも30時代前から放送していたんです!

今回は、そんなトランスフォーマーの戯画の取り分け、一際おすすめな脈絡を紹介していきます!

1)トランスフォーマー プライム
海外で出来上がり、日本でもオフの午前に放送していた代物です。
日本語エディションでは声優諸君が自己流やっていますが、原語エディションではシリアスなかんじ。
児童制限と言うより、ティーン制限です。
やっぱり笑えるシーンもありますが、全体的にシリアスで泣ける話です。
1解説からこれは厳しいぜ・・・・・・。

2)トランスフォーマー アドベンチャー
現時点作戦内側の戯画脈絡です。
プライムは3DCGキビキビの戯画でしたが、そういった脈絡は2D戯画もののかんじの3DCG戯画です。
プライムの続きですが、前作ほどシリアスパートはなく、お子様も安心して笑える解説となっています。
日本でも作戦され、7月に作戦再開予定です。

3)トランスフォーマー レスキューボッツ
海外で作戦されている脈絡です。
児童向けのカートゥーンだと侮るパターンなかれ。
しつこいユニークたちという爆笑4人のトランスフォーマー、そうしてその仲間たちが大奮戦!
毎回何かしらの機会が起きて、それを見事に解決していく話です。
空飛ぶロブスターを見掛けるのは、この戯画だけ!?
最近では、恐竜にも歪曲できるようになったようです。
残念ながら、今の位置日本では公開されていません。

いかがでしたか?
撮影だけではなく、ぜひ戯画も楽しんでみてくださいね!身長を伸ばす食べ物

カテゴリー: 未分類 パーマリンク